園長からのメッセージ

先代の園長が、「つつじ幼稚園」を創設して、50年が経ちました。2代目の園長である私も、当園の教育方針である「遊びを中心とした活動」をモットーに、子どもたちの成長を見守ってきました。

好奇心の芽を育てたい

子どもたちには、たくさんの体験を通して、自分の興味や関心を育てて欲しいと願っています。園では、出来るだけ身体を動かす時間を取ることで、子どもたちの心と体の成長を促しています。園庭には、人工芝のエリアと柔らかな土を撒いたエリアの2カ所のグラウンドがあり、安全性が高い、北欧製の遊具も子ども達に大人気です。
知育遊び、美術、体操、そして音楽の各専門分野においては、定期的に外部講師を呼んで、細やかな指導をしてもらっていますが、子どもたちはいきいきと課題に取り組んでいます。
毎年7月には、年長向けに一泊二日の「サマースクール」を実施しています。親元を離れてのお泊り体験を通して、子どもたちが大きく成長する様子には驚かされます。

子どもたちには、世界に目を向けて欲しい

日々の活動の中では、機会があるごとに世界には色々な国があって、その国ごとの言語や文化があることを伝えています。その一環として月に一回、フランス語と英語のレッスンを設けて、簡単な挨拶の言葉や歌などを教えています。また旅行好きの事務長が世界数十か国を旅して撮って来た、野生動物や古代遺跡などの写真を園内に展示しており、過去にはミニ写真集を作って、子どもたちに配ったこともありました。
こうした体験が、子どもたちにとって、世界に目を向けるきっかけになってくれることを願っています。

これからも子どもたちの心に寄り添っていきたい

私自身、既に孫を持つ世代になって、当園の職員に対しては、娘に接するような思いでいます。どの職員も常に一生懸命で前向きな所も、当園の魅力の一つだと思っています。これからも、子どもたちと真剣に向き合っている職員たちと協力しあって、さらに良い園にしていきたいと考えています。

飯島 和代

学校法人甲子学園 つつじ幼稚園長

飯島 和代
Copyright © つつじ幼稚園 All Rights Reserved.
つつじ幼稚園 menu