TSUTSUJI KINDERGARTEN つつじ幼稚園リクルートサイト
ENTRY

つつじを知ろう

数字から見るつつじ幼稚園

スタッフインタビュー

長島 有希 先生 長島 有希 先生

東 あさ子 先生(2016年4月入職)
東京家政大学・児童学科卒業

幼稚園時代の担任の先生がステキだった!

幼稚園の先生になろうと決めたのは、幼稚園に通っていた時の担任の先生への憧れからでした。当時の私は幼稚園が苦手で、泣いてばかりいる子どもだったんです。担任の先生は愛情いっぱいに接してくれて、私が泣き止むまでずっと抱っこしてくれる、そんな温かい先生でした。引っ込み思案だった私が、その後色んなことにチャレンジできたのも、この先生のお蔭だと思っています。
その後は、中学生の時の職場体験で保育園のボランティア活動に参加したり、ずっと子ども相手の仕事に就きたいなと思っていました。

仕事をしながら、自分の時間も充実できるのがありがたい

つつじ幼稚園に入職を決めるまで、実習園を含めて7園見学しました。最後まで、実習園かつつじ幼稚園かで迷ったのですが、決め手は運動会のお手伝いに参加したことでした。その時に、先生方が子どもたちへ愛情いっぱいに関わっているのを見て、「すごくいい園だな」と感じました。「私もこんな風に、子どもたちと関わりたい」という思いが高まって、つつじ幼稚園に決めました。
4月に入職するまでは「社会人になったら、時間に追われて自分の時間なんて持てないんだろうな・・・」と考えていました。しかし働きだすと、つつじ幼稚園は人間関係がとても良くて、自分の時間もしっかりと取ることができるので、本当にありがたいですね。また、周りの先生方も色々と気づかってくれて、細かなアドバイスもしてくれるのですごく助かります。
時間に余裕を持って仕事が出来る理由は、先輩後輩に関係なく、仕事が均等に分担されていて、自宅に持ち帰っての作業がほとんどないのが大きいと思います。
採用試験の日程によっては、運動会のお手伝いが後日になることもあります。

フリーの立場で働かせてもらって

つつじ幼稚園では、入職1~2年目の新人がフリーの立場で働かせてもらえるのも、マイペースの自分に合っていると思います。最初は周りの状況が分からないので、各クラスの担任の先生の動きを見ることで、担任になった時の心構えも出来るし、他の先生たちの保育に直接関われるので、本当に勉強になります。
入職してすぐの5月末頃に、声を出し過ぎて喉を潰してしまったことがありました。慣れない環境で必死にやって来て、知らずに徐々に疲れが溜まったんだと思います。熱は出なかったので仕事は休まず、毎日園には来ていたのですが、ちょっと離れた所にいる子どもたちにさえ声が届かなかったので、色々と保育に支障が出て、周りに迷惑を掛けてしまいました。幼稚園という職場では、声が出せないと本当に何も出来ないので、悔しかったです。その後は、改めて体調管理に気を付けて、しっかりと睡眠を取り、栄養のバランスも考えつつ食事を摂るようにしています。

子どもたちの笑顔を見ていると、元気が湧いてくる

この仕事をしていて嬉しいのは、子どもたちとの触れ合いの中で、「先生と一緒に遊んで、楽しかった」と言葉を掛けてもらったり「先生、大好き」と書いた折り紙を手渡されたりして、子どもたちに喜んでもらっていると感じた時です。中には「先生、結婚して」と言ってくるお子さんもいるんですよ(笑)私は子どもの頃から、小さな子どもたちと接することが好きだったので、今幼稚園という職場で、可愛い子どもたちの笑顔を見ているだけで元気が出てきます。今後は、先輩方の保育のやり方や仕事の進め方を参考にしつつ、私の良さを保育に出していきたいと思っています。

五十嵐 由実 先生 五十嵐 由実 先生

五十嵐 由実 先生(2010年4月入職)
東京成徳短期大学卒業

仕事を通じて成長出来ました!

つつじ幼稚園では、午前7時50分に朝のミーティングがスタートして、午後5時30分には全員が仕事を終えて園を出ます。また子どもたちが降園後のミーティングは、園長先生を中心に効率良く進められます。私は元々ゆっくり動く性格なので、最初は周りの先生たちのペースに付いていくのがやっとでした。でもここで、時間を大切に行動するようになりました。またその意識が高まった結果、以前より視野も広がってきたと感じています。

園のサポートで毎日充実しています

つつじ幼稚園はスタッフの仕事がとても公平に分担されています。例えば、掃除は若手がやるイメージがありましたが、ここでは勤務年数に関係なく全スタッフが一斉にやるんです。また幼稚園には欠かせないお便りの発行も、各担任やフリーの先生が順番に書くルールなので、負担が偏ることがないんです。
なので、担任を持って4年目くらいからは、いろんな趣味にチャレンジできています。中でも手芸やブローチ作り、植物の世話や生け花などは保育をする上でも応用できますし、仕事もプライベートもとっても充実していますね。

仲間とすごす楽しさと大切さ

子どもたちに対しては、先生というより年の離れたお姉さん的存在として、仲間とすごす楽しさと大切さを伝えていきたいです。保育をする上で心掛けているのは、全部を教えるのではなく一人一人を上手にフォローしていくこと。例えば友達を叩いてしまった子がいたら「もし自分が叩かれたら、どんな気持ちになる?」と質問することで、相手を思いやる気持ちを引き出したいです。もちろん、そうなったいきさつはあると思うので、それぞれの言い分もしっかり聞いて寄り添いたいですね。子どもたちが、より長所を伸ばせるよなお手伝いをしていきたいです。

他では感じられないこの仕事のすばらしさ

園での仕事はやることが沢山あるので、1日の終わりには「疲れたなあ」と感じることもあります。だからこそ、子どもたちと一緒にいるのは、本当に楽しいです。実際、ここまで思いっきり走って、思いっきり笑える仕事というのは、他にはないと思っています。
最近では後輩に教えることも増えてきました。その時意識するのは、ちょっとした言い回しや表情など、コミュニケーションの仕方。それで印象が大きく変わることがありますから。一緒に働くとしたら、前向きで明るくて、笑顔を大切にしている後輩だと嬉しいですね。

ACCESS- アクセス -

TSUTSUJI KINDERGARTEN

学校法人甲子学園 つつじ幼稚園

住所
:〒335-0023 埼玉県戸田市本町4-2-6
TEL
048-441-5765
FAX
:048-434-5366